インプラントとは?

インプラントとは

インプラントとは、人間の体の中に埋め込むもののことをいいます。医科では、心臓のペースメーカー、股関節や膝関節などの人工関節、美容整形で使用する豊胸手術のシリコンバッグなどもインプラントにあたります。歯科で使用するインプラントをを、歯科インプラント(デンタルインプラント)といい、一般的には単に「インプラント」とよばれています。主にチタン製のものが主流です。

歯を失った場合の治療について

歯を失ってしまった場合、ひと昔前であれば、取り外し式の入れ歯にするか、両隣りの歯を削って土台とし、その土台に対して連なった人工の歯を橋渡しのように装着するブリッジ治療にするしか選択肢はありませんでした。

インプラント治療について

現在は、歯を失った場合の治療法として、入れ歯やブリッジ以外に、インプラント治療という選択肢もあります。インプラントのおかげで、より天然の歯に近い噛み心地を取り戻すことができるようになりました。インプラントは、「人工歯根」のことで、歯を失った部分のあごの骨に、チタン製のインプラント体を植立し、これが天然の歯の歯根の役割を果たします。

このインプラント体に、アバットメントという、土台を連結し、そのアバットメントに人工の歯を被せます。インプラントは、入れ歯のように取り外し式ではないので、動いたり食べ物がはさまるという欠点はありませんし、ブリッジのように両隣りの健康な歯を大きく削ってしまうようなこともありません。ただし、インプラントを埋め込む手術は必要になります。