他の治療方法との比較

入れ歯

入れ歯は、メリットとしては、健康保険で作ることができ、ご自身で取り外しが可能です。デメリットとしては、金属のバネを、残っている歯に引っ掛けて使用するため、健康な歯が揺さぶられて傷んでしまうことがあります。また、このような使用方法であることから、なかなか強く食べ物を噛むことができません。このようなことから「痛い」「噛めない」といったお悩みが多い現実があります。

ブリッジ

ブリッジ治療は、歯を失った部分の両隣りの歯を削って、橋渡しのように、歯が連なった形の被せ物を装着する治療法です。固定式のため、入れ歯と比べて噛みやすいメリットはあります。デメリットとして、健康な歯を大きく削らなければならないことです。このことから、敬遠される方もいらっしゃいます。

治療をしない場合

歯を失ったまま治療しないでいると、失った歯のとなりの歯が移動してきます。また、失った歯と噛み合っていた歯が伸びてくることもあります。歯が移動すると、噛み合わせも変わってしまいます。また、歯の無い部分のあごの骨が、噛む刺激が無くなることで痩せてしまったりすることがあります。

インプラント

インプラントの場合、部分入れ歯のように、残っている他の歯にバネを引っかけて揺さぶるようなことはありません。ブリッジのように、失った歯の両隣りの歯を、大きく削ったりすることもありません。何も治療しない場合のように、隣りの歯が倒れ込んできたり、歯を失った部分の向かいにある歯が伸びてきたりすること、あごの骨が痩せてしまうことも予防可能です。天然の歯に近い審美性と、天然の歯に近い噛み心地を得られます。デメリットとしては、あごの骨にインプラントを埋入する手術が必要であることと、健康保険が効かないため、自由診療となり費用が高額になることです。

結局どの治療が良いのか?

入れ歯、ブリッジ、何もしない場合、インプラント、どの場合にもメリットとデメリットは存在します。ただ、インプラント治療はより天然の歯に近い審美性と噛み心地を得られる点で優れた治療方法であるといえます。患者様のご希望、経済的な状況、口腔内の状態などを十分に歯科医師と話し合って、最も良いとご納得頂ける治療を選ぶことが大切であると考えます。